続・小銭貯金に振り回された男の話

たくさんの人に楽しんでもらえると嬉しいです。この話をシェアする方法は、下の8つから選んでいただけます。

ジョンです

以前、小銭貯金に振り回され続けた男の話をしました。

はい、私です。

  • 子どもの頃は駄菓子屋の誘惑に負け
  • 1円玉貯金を始めれば、時間と労力と手数料を取られ
  • 500円玉貯金では何も失っていませんが、あまりの貯まらなさに心が折れ

最終的に「自分に小銭貯金は向いていない」という結論に至ります。

「お金を貯めて買いました」って人いるじゃないですか。私はそういう人を尊敬するんですよ。後先考えずに使って金欠病になるタイプでしたから。そんな私が小銭貯金に挑戦したときの思い出話。

ですが、その数年後に再び貯金箱を使い始めました。

なんなんでしょうね……私は。

べつに意地になっているわけではありませんよ。

あるとき近所のおっちゃんに教えてもらったんです。

「めちゃめちゃお金貯まるで~」っていう小銭貯金の方法を。

おっちゃんは教えてくれました。

「会計で受け取ったお釣りから、小銭だけを全部そのまま貯金箱に入れろ」

かなり強引な荒技ですが、たしかにこれなら貯まるでしょう。

小銭を全部入れることによって、普段から財布の中にはお札しかありません。

だから買い物の際には、必ずお札を崩すことになります。

つまり、お金を使うたびにどんどん小銭が生まれ、そのたびにハイペースで貯まっていくという仕組みです。

ちなみに、おっちゃんはこれで月に五千円ほど貯まるそうですよ。

毎月、そのお金で奥さんと美味しいものを食べに行くんだそうな。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

これは錬金術かも

私はこの方法を、ある種の『錬金術』だと考えています。

え?

いやいや、ふざけてはいませんよ。

私なりに考え出した結論です。

といっても

新たにお金を生み出すのではなく、あたかもお金を生み出しているかのように感じさせるだけです。

言うなれば『心理的な錯覚を利用した錬金術』ってところですかね。

例えば700円の買い物をしたとしましょう。

支払いは千円札を使います。

返ってきたお釣りはそのまま貯金箱へ。

そして財布の中からは千円が消えています。

このときの感覚としては、お札の額面(千円)を使っているというもの。

ですが、現実には差額の300円が貯金箱に残っています。

おっちゃんの錬金術は、この差額で浮いている分を貯めていくわけです。

え?

現実に300円が手元に返ってくるから、普通に700円を使ったとしか思えませんか?

なかなかキッチリしていますね~。

どんぶり勘定

では、もう少し分かりやすい例で、この感覚を捕らえていきましょう。

例えば洋服を買うとき

2800円の値札を見て
「だいたい3000円くらい」と思う感覚

4600円の値札を見て
「え?5000円もするの?」と思う感覚

「買い物の際に、いちいち端数の計算はしない」
「とりあえず多めに見積もっておけばいい」

こういった感覚ってありませんか?

いわゆる『どんぶり勘定』というやつです。

もしこれに共感できたなら、あなたはこの錬金術に向いているかもしれませんよ。

コツとしては、端数は四捨五入ではなく、すべて繰り上げで考えること。

先ほどの例だと、合計7400円の服ですが……

「今日は8000円くらいの買い物をした」

と思って、600円を貯金箱に入れるわけです。

どうですか?

私が錬金術と言う理由がわかりましたか?

コーヒー3

俺に俺に詐欺

そうなんです。

これは金銭感覚のズレによる錯覚を利用し、意図的に『使途不明金』を生み出すというもの。

そして、どさくさに紛れて、お金を意識から隠しているだけなんです。

もしこれが家計簿や会計処理ならば、使途不明金はアウトになります。

でもこの場合、実際のお金は貯金箱に保管しているので大丈夫ですよね。

だから
「なんだか知らない間に小銭が貯まっている」

という錯覚が生み出されるわけです。

お金が増えているわけではなく、単に保管場所を移動しているだけ。

たったこれだけのことなのに、まるで新たにお金を生み出しているような錯覚がある。

まさに錬金術と言えるでしょう。

というか

自分で自分を騙しているわけですから……

『俺に俺に詐欺』

と名付けてもいいでしょうね。

少し関係ない話ですが、これと似たようなことは世の中に沢山あります。

家計の中から『へそくり』を隠すとか。

予算を使い切ったと見なして、実際は『プール』しているとか……ね。

鈍感力も必要

ここまで錬金術をいい感じに言っていますが、実はちょっとした問題もあります。

べつに損をするわけではありませんけどね。

この方法を実践するとハイペースで小銭が貯まります。

それが意味するのは……

ハイペースで千円札を崩すという事実です。

この錬金術は、最低でも一回につき千円札が財布から消えます。

もし毎日お金を使うならば……

1000円×30日=3万円

月に自由に使えるお金が3万円以上無いと、財布の中が破たんするという問題があります。

また、ハイペースで財布が軽くなっていくので、なんだか浪費しているっぽい感じになりますよね。

それが錯覚とわかっていても抵抗がある人なら、ちょっとストレスかもしれません。

ちなみに、プラスに作用する場合もありますよ。

例えば
「なるべくお札を崩したくない」

という意識が働けば、もしかしたら節約に目覚めるかもしれません。

たとえ100円の買い物でも、財布からは千円札が消えるわけですからね。

パンケーキ2

両替の問題

いかがでしたでしょうか?

  • どんぶり勘定ができる
  • 毎回千円札を崩しても平気
  • 浪費している錯覚に抵抗が無い

このような

小さいことは気にしないワカチコな性格なら、きっとこの錬金術が向いていますよ。

あ!

錬金術に問題は無くても、小銭を貯めることには問題がありました……。

私が散々な思いをした両替です。

……ん?両替?

あぁ、そうか。

両替じゃなくて入金をすればいいんですよ。

私も大人になって知恵がつきました。

自分の口座に入金すれば、基本的に手数料が掛かりません。

気を付けて欲しいのは、銀行によっては窓口で硬貨を入金すると、手数料が掛かる場合があるということ。

ですので、そんな場合は郵便局の窓口を利用するか、ATMでの入金にするべきですね。

そもそも論

両替の問題も解決しましたし、これで心置きなく小銭貯金ができますね。

……なんか違和感がある。

結局は貯めた小銭を口座に入金するんですよね……。

じゃあ、小銭貯金って何のためにするんですか?

小銭貯金の仕組みを錬金術と言っていますが、実際にお金が増えているわけではありません。

心理的な錯覚を利用して、あたかもお金が生み出されたように感じさせているだけです。

現実はお金の保管場所を移動しているだけ。

……いや、違う。

口座から引き出したお札を、わざわざ崩して小銭を作って、今度はその小銭をまとめて再び口座に戻しているだけです。

何も変わらないどころか、余計な時間と労力を使っているじゃないですか。

それならば月に五千円分貯めるよりも、最初から手を付けずに残しておいた方が早い気がする……。

……最初から手を付けずに?

なるほど、小銭貯金の利点が見えてきましたよ。

それは、強制的にお金が使えない状況を作っていることです。

カフェ

向き不向き

合理性という意味において、小銭貯金は無駄なことだと言えます。

だから、最初からお金を残しておける人には必要のない方法です。

その代わり、

節約や我慢ができない人には非常に効果があるでしょう。

無駄遣いしてしまう、手元にあるだけ使ってしまう。

それならば、小銭に変えて簡単にお金を使えなくすることで、強制的に我慢せざるを得ない状況を作ってしまう。

最終的に時間と労力が掛かってしまいますが、無駄遣いをしてしまうことに比べたら、たいした問題ではありませんね。

結局のところ、小銭貯金には『向き不向き』があるようです。

合理性を求める私には、あまり必要のないことでした。

現在は基本的にカードと電子マネーで会計を済ませているので、以前に比べて小銭もそれほど貯まっていませんし……。

あなたはどうですか?

もしも、あるだけ使っちゃうタイプの人なら、小銭貯金という錬金術はビックリするくらい貯まるかもしれませんよ。

ジョン曰く
心理的な錯覚を利用していたつもりが、本当の錯覚には気付いていませんでした。
時間と労力を失うということも等価交換の原則というやつでしょうか……。
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

たくさんの人に楽しんでもらえると嬉しいです。この話をシェアする方法は、下の8つから選んでいただけます。

フォローをすると更新情報を見逃しません



トップへ戻る