私の英語学習に必要だった、きっかけと原動力

たくさんの人に楽しんでもらえると嬉しいです。この話をシェアする方法は、下の8つから選んでいただけます。

ジョンです

もちろんあだ名です。

高校のときに「ジョン・レノンに似ている」という理由で呼ばれていました。

べつに本当に似ているわけではないと思いますよ。

なんせ日本生まれ日本育ちで、両親ともに生粋の日本人ですから。

たまたま英語の教科書に、ジョン・レノンの写真が載っていたんです。

そして、私が同じようにメガネでロン毛だったんです。

でも、気に入っていますよ。

元々、ビートルズもジョン・レノンも好きでしたし。

私はLOVE&PEACEですから。

残念ながら、ジョンのように最愛のパートナーはいませんけどね……。

ほっといてください。

もう一つ残念なことに、『ジョン』と名乗っているわりに英語が苦手です。

どれくらい苦手かというと、中学時代のテストでは4点を叩き出すレベル。

苦手を通り越して拒絶反応です。

文法以前に単語を覚えられませんでしたからね。

ずっと疑問なんですよ。

日本語なら聞いたままに書けば『言葉』になりますが、英語は聞いたままに書いても『スペル』にならないんですね。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

いちいち理解したい頭

ブック(本)は『bukku』じゃなく『book』

意味がわからない。

『apple』と書いて「ェアポォ」と読む。

まったく意味がわからない。

なぜそう書くのか?

逆に、なぜそう読むのか?

わからないことだらけです。

道理がわからないしパターンもわからない暗号。

私にとっては無機質な記号の羅列です。

それを、ただただ覚えるのは苦痛でしかありません。

LとR、BとV、HとFの違いはなんですか?

ラ行、バ行、ハ行

読み方は、どちらのアルファベットでも同じです。

それにもかかわらず表記が違う。

Rの舌はどうとか
VとFは下唇をどうとか

それを教えられても何となくスッキリしない。

これ以上の説明は授業で教えてくれないので、ますます謎は深まるばかり……。

なんで教えてくれないんだー!!

簡単に来た挫折

そういう時代だったんですよね。

昭和の英語教育だったんで、発音とかどうでもいいんです。

ひたすら単語の暗記をすればいい。

「とにかく単語を覚えて来い」と
「ノートに書いて書いて書きまくれ」と

いやいや、読めない文字列を覚えるほど難しいものは無いでしょう……。

そりゃあ書きまくったら少しは覚えましたよ。

単語を覚えるというより、文字列の記憶ですけどね。

おかげで中学1年の間は点数が取れました。

簡単な文法しか習っていませんでしたし、テストのレベルも難しくなかったですから。

でも、2年になった途端に挫折するんです。

単語がまったくわからなくて。

読み方がわからない暗号を覚えることにも限界です。

ハッキリ言って……

無機質な文字の羅列を覚えるなら、円周率のほうが覚えやすいですよ。

単語がわからないから文法を覚えようがない。

文法がわからないと、みるみるうちに置いてけぼりです。

そしてついに出ました。

奇跡の4点

珈琲2

時代が変えてくれた

「俺の人生に英語は要らない!!」

中学当時、私は心の中で英語学習と決別しました。

「日本人が日本で生きていくなら、日本語さえ喋れたらそれでいい」

そう思って生きてきました。

じゃあ、なぜ今頃になってこの話をしているのか?

英語を話したくなったんです。

英語が必要になったんです。

私、ジョンという男は、なぜだか外国人に話しかけられる機会が多い。

外を歩けば道を聞かれ
お店に入れば商品について聞かれ

周りに人がいても、真っ先に私の元へ。

……いや、いいんですよ。

外国の人に話しかけられても構わないですし、困っているときに頼ってくれることは嬉しいですから。

ただ、ちょっと申し訳なくてね。

英語はカタコトしか喋れないんで……。

情けない英語力にジェスチャーを合わせて、なんとか答えている感じです。

どうせなら、もっとスムーズに解決してあげたいんですよ。

それに異国の地で言葉が通じないと、きっと相手も不安ですからね。

必要なのは原動力

そんなわけで、ずっと英会話の勉強を考えていましたが……

考えるだけで何年経っても前に進めない。

それだけ英語学習に対する拒絶反応が凄いんでしょうね。

他人の為なら、いつもより頑張れる力があります。

でも、この場合はちょっと弱い気がする。

たしかに困っている外国人とは遭遇しやすいです。

エンカウント率は高めの設定になっています。

でも、英語学習を始めるほどの原動力にはならない。

志すきっかけにはなりますが、エネルギーが足りない。

ましてや拒絶反応があるほどの苦手な分野です。

ただの親切心だけで乗り越えられるほど、私はお人好しではありません。

ん~

とは言っても、本気で必要だと思ったこと。

簡単にあきらめたくないんですよね。

もっと原動力になるくらいの理由が欲しい……。

……あ!

喫茶店

ついに始めるか?

私には夢というか何というか、

『人生でやりたいこと』

というものがいくつかあります。

そのうちの一つが
『海外の美しい景色を見に行く』

ちなみにこれは決定事項です。

その他諸々の条件が揃っていないだけで……。

……そうですよ!!

これも条件の一つです。

海外に行くなら英語が話せたほうがいいでしょう。

じゃあ、やっぱり英語学習は必要ですね。

やりましょう、自分の為に。

きっかけは生まれました。

そして原動力も見つかりました。

あとは学習を始めるだけです。

……

あぁ……ついに始めるのか……。

男を突き動かすもの

人は人生において、何か大きなプロジェクトを始めるときがあります。

その理由が「他人の為に」というのは悪いことではありません。

でも、やっぱり

『自分自身の為に』

という理由も必要だったんですよね。

なんせ、そこに費やすのは自分の人生の時間なんですから。

私が英語学習を始める理由は

  1. 来日して困っている外国人の力になれるように
  2. 自身が海外に行った際に困らないように
  3. パツキンのネーチャンと仲良くなるために

ん?

何、今の?

え~っと

  1. 来日して困っている外国人の力になれるように
  2. パツキンのネーチャンを口説くために
  3. 自身が海外に行った際に困らないように

いやいやいや……

そうじゃなくて

  1. パツキンでグラマーなネーチャンと……

邪念!!

邪念が強すぎるわ。

……失礼しました。

まぁ……なんです。

とりあえず頑張りま~す。

えい、えい、おー。

ジョン曰く
やはり美人が多い国と言えば、ウクライナかスウェーデンでしょうか?
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

たくさんの人に楽しんでもらえると嬉しいです。この話をシェアする方法は、下の8つから選んでいただけます。

フォローをすると更新情報を見逃しません



トップへ戻る