ここは「喫茶店での談話感」をコンセプトに、数分間をくつろぎ、そして楽しんでもらうことを目的とした雑記ブログです。

あなたも是非、お好きな飲み物を片手にお楽しみください。

※コーヒーなどの画像は、“お茶している感”を出すための雰囲気作りです。特に話の内容とは関係ありませんので悪しからず。

わりと簡単に設置できるモナコインの投げ銭ボタンを作ってみました

たくさんの人に楽しんでもらえると嬉しいです。この話をシェアする方法は、下の8つから選んでいただけます。

どうも、女性は仮想よりも仮装のほうがいいジョンです

今回は珍しく、ブログをされている人向けのお話。

この『ジョン曰く』はWordpressを使っているんですが、先日「monage」というプラグインが開発されたことを知りました。

一応、Wordpressを使っていない人向けにざっくり言うと……

プラグインとはRPGでいうところの「アイテム装備」みたいなもんで、実装することでブログに新しい機能が追加される仕組みになっています。

そして、このmonageの機能は……

仮想通貨『モナコイン』の投げ銭ボタンをブログに設置するというもの。

ほんの数年前までブログで投げ銭を募ることは敬遠され気味でしたが、最近じゃネット上で“いいね”的にチップを贈ることが珍しくないようです。

まとまった金額しか送れない口座振込やギフト券とは違い、仮想通貨は「10円分だけ」でも手数料なしで気軽に送れるからなんでしょう。

私も、大道芸人よろしく帽子を置いてみましょうかね。

もちろん帽子を差し出したからといって、必ずしもチップが飛んでくるわけじゃありませんが……。

ただ、この先でそういった応援をしてくれる人のためには、スマートに受け取れる用意をしておくべきかもしれません。

そんなわけで早速インストールを試みたんですが……何故か導入できませんでした。

難しいことはよく分かりませんが、どうやら私のサイトとは相性が悪いようです。

まぁサイトの設定とプラグインが合わないなんて、然程、珍しいことじゃないんですけどね。

でも……既にボタンを設置する気満々な私。

べつに諦めても試合は終わりませんが、ごっつモヤモヤした気持ちが残ります。

……というわけで

ノリと勢いで「投げ銭ボタン」を作っちゃいました。(※無料ブログでも使えます、恐らく)

スポンサーリンク

モナコインとtipmona

……と、作り方の前に軽く諸々の説明から。

モナコインとは、2013年12月末に誕生した日本初の仮想通貨。

2ちゃんねるから生まれたというだけあって、ビットコインなどの投機的な面が強い仮想通貨に比べ、遊び要素を強く持っているのが特徴です。

元々が掲示板でユーザー同士のチップに使われていたこともあり、基本的にはネット上での投げ銭に使われることが多いそうな。

※もちろん日本円に換金もできるし、モナコインで決済できるネットショップも増えているんで、使い方や楽しみ方は人それぞれですが……。

……さて

そんなモナコインの投げ銭ボタンをWordpressに設置できるのが、冒頭でもお話したmonageというプラグイン。

これはTwitter上で簡単にモナコインを投げられる『tipmona』というシステムを利用したもので、Twitterアカウントさえあれば簡単に設置できるんでオススメですよ。

導入方法や使い方などは、開発者であるraspi0124さんのブログで分かりやすく説明してくれています。

……で

ドラクエの男性キャラが「あぶない水着」を装備できないが如く、私のようにサイトとの相性が悪かった人。

或いは「そもそも無料ブログやからプラグインとか無いわい」という人。

安心してください。

そもそもこれはtipmonaを利用した機能なんで、それを同じく利用すればいいんですよ。

……と、ここでtipmonaについて軽く説明。

これはTwitter上で@tipmona(モナコインちゃんbot)にコインを預け、特定のリプライを飛ばすことで、それを移動させるというシステム。

Twitterアカウントさえあれば使えるんで、何か登録をする必要はありません。

モナコインちゃんbotは、特定のリプライを飛ばすことでTwitterアカウントに紐づけたコインアドレスを作成し、管理をしてくれます。

またコインアドレスが作成されていない人でも、モナコインちゃんbotからコインを受け取る際には自動的にアドレスが生成されます。

※コインアドレスとは、通帳でいう口座番号のようなもんです。

つまり相手のTwitterアカウントさえ知っていれば……

一方的にモナコインを投げつけることも出来ちゃう。(言い方)

他にも入金や出金などの詳しい使い方は、公式のサイトで確認してくださいね。

そういえば学生時代に「はい、頑張ってる君には10円」とお金をあげる謎のノリに興じていたのを思い出しましたが、tipmonaはそういう遊びも出来ますね。

ま、そんなことはどうでもいいんですが……。

Twitterボタンを使おう

では、ここからボタンの作り方。

公式のサイトでも解説していますが、基本的な操作は全て@tipmonaに対するリプライで行います。

送金する場合は「@tipmona tip @相手のtwitterID 金額(半角数字) コメント」というコマンドを入力して飛ばすだけ。(スペースは全て半角)

という事は……

これがデフォルトで入力されている「ツイートボタン」を作ればいいんじゃないのか?

そんなわけで作ってみたのがこちら


tipmonaでモナコインを投げる

tipmonaって何じゃい?

クリックしたらどんな感じか分かります。(※すぐさまチップを送るわけじゃないんで安心してください)

コードはこんな感じです。

<a href="http://twitter.com/share?text=@tipmona%20tip%20【自分のTwitterアカウント】%20【金額】%20【コメント】" target="_blank" rel="nofollow">
<img src="【使いたい画像のURL】" alt="【画像が表示されない場合に表示される文字】" /></a>
<a href=https://monappy.jp/memo_logs/view/monappy/123 target="_blank"> tipmonaとは?</a>

そのままコピペして使ってください。

基本はツイート画面のリンクと、そこに表示させたい画像の2つ。

一番下のリンクはtipmonaを知らない人の為に「tipmonaの使い方」のURLを貼っているだけなんで、べつに省いてもボタンに問題はありません。

ちなみに私は「tipmonaって何じゃい?」と表記させていますが、これだと真面目なブログにはそぐわないかもしれないんで「tipmonaとは?」に変えています。
(誰のブログが不真面目やねん)

書き換えるのは【】の部分だけ。

  1. 自分のTwitterアカウント
  2. 金額
  3. コメント(必要であれば)
  4. 使いたい画像のURL
  5. 画像が表示されない場合に表示される文字

2と3について少し補足させてもらうと……

金額は送る側に決めてもらうことなんですが、一つの基準としてデフォルトで「気軽に投げられるくらいの金額」を設定しておいたほうが親切かと思います。

2018年1月現在では「1MONA=600円前後」なんで、語呂合わせで遊ぶとしたら……

0.011874(良い話)≠7円
0.0114114(いいよいいよ)≠6円
0.00888(パチパチパチ)≠5円
0.0039(サンキュー)≠2円

てな感じですかね。

コメントも送る側がメッセージを書く場所なんで、ここは空白でいいかもしれません。

何か言葉を入れておきたい場合に入力してください。

ただし、この部分は日本語表記が使えないんで、デフォルトでメッセージを入れておく場合は文字列をエンコードする必要があります。

文字列の変換はこちらのサイトでどうぞ。

私の設定と同じでよければ……

MONA%e3%82%92%e8%b4%88%e3%82%8a%e3%81%be%e3%81%99%20%0d%0a%e3%82%b3%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%88%3a

と入れてもらえば「~MONAを贈ります コメント:」と表示されます。

ちなみに各ブログサービスの設定によっては、ツイートボタンをクリックしたページのURLが自動で付加される場合もあるようです。

そんな場合は「~コメント:http~」と文字がゴチャつくんで……

%e3%82%92%e8%b4%88%e3%82%8a%e3%81%be%e3%81%99

と入れてもらえば「~MONAを贈ります」までの表示になります。

……ところで

画像は投げ銭ボタンだと分かれば何でもええんですが、もし用意するのが難しい場合は、私の作った物でよければ使っていただいても構いませんので。

とりあえず4パターン用意してみました。

300×100

150×150

※ブラウザの機能で保存して使ってください。

手順としては、画像をアップロードした後、ボタンを設置したい場所に先ほどのコードを入れるだけで完成です。

ぶっちゃけWordpress以外ではシーザーブログしかテストをしていないんで、絶対に大丈夫とは言えないんですが……。

でも単にリンクを画像表示しているだけなんで、恐らくどのブログサービスでも問題なく設置できるはずです。(多分……)

もしも使えなかったらごめんなさい。

……というわけで

以上、モナコインの投げ銭ボタンの作り方でした。

モナコインは楽しむもの

最後に少しだけ……

モナコインは遊び要素が強いとは言え、仮想通貨であることに変わりはないんで、当然、値動きはします。

当初は1MONA=3円だったのが、2017年12月には2000円台まで上がり、年明けの1月には600円台まで下がりました。

2000円台突破で盛り上がっている噂を聞きつけて「この調子じゃ、まだまだ上がるだろう」と何十万も注ぎ込んだ人は、おそらくその半分が吹き飛んでいることでしょう。

これを聞くと仮想通貨が怖く思えるかもしれませんが、どんな取引でも儲けを期待して大量に買えば、その分リスクも大きくなるもんです。

だからというわけでもないんですが、私はモナコインに対して儲けを期待することはありません。

それよりもゲーセンのメダルが如く、とりあえず1000円分だけ買って少しずつ投げて遊ぶほうが楽しいと思うんですよ。

「はい、頑張った君には0.1MONA」みたいなノリで。

それではまた、別の話でお会いしましょう

スポンサーリンク

たくさんの人に楽しんでもらえると嬉しいです。この話をシェアする方法は、下の8つから選んでいただけます。

フォローをすると更新情報を見逃しません

トップへ戻る