GoogleアカウントやユーザーIDの管理にドタバタした男の話

たくさんの人に楽しんでもらえると嬉しいです。この話をシェアする方法は、下の8つから選んでいただけます。

ジョンです

インターネットを利用する際のアカウントやパスワードってどうしていますか?

まさか紙に書いてパソコンのそばに張り付けていたりしませんよね?

世の中ではアカウントの流出による不正アクセスが問題視されていますが、実はその原因の多くは「オフラインで起こる」という話もあります。

つまり、IDとパスワードのメモ書きを見られたり、日常でも知り得る情報(生年月日や電話番号、住所など)から探られているというわけです。

「たとえIDとパスワードを知られたとしても、利用しているサービスがわからなければ大丈夫じゃない?」なんて思っちゃダメですよ。

もし私が悪い人なら、様々なサービスのログイン画面を片っ端から試しますからね。

悪い人は悪いことをするために労力を惜しみません。

もちろん「パスワードを覚えられないし、どうしても紙に書いておきたい」という気持ちもわかります。

だからそんな場合は、せめてIDとパスワードが関連付けられないよう、別々に記しておくくらいの用心深さはあったほうがいいですね。

……なんて冒頭から注意喚起をしていますが、特にセキュリティの話をするわけじゃありません。

今回は、そこら辺のパスワード管理についてドタバタした男のお話です。

実は私自身、ちゃんとIDやパスワードを管理していなかったんですよ~。

特にセキュリティに問題があるわけじゃないんですが、数の多さに「カオス化」していまして……

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

複数のアカウント

私は複数の『Googleアカウント』を持っていました。

android端末を持っていたり「Gmail」を利用していたらお馴染みのアカウントですね。

念のため「それってなんじゃい?」という人のために説明すると……

Googleさんでは、個人情報を登録することで『アカウント』を作ることができます。

アカウントとは特定の領域にログインするための『権利』のことで、簡単に言えばインターネット上のサービスを利用する際に「私だ!」と主張するためのもの。

このGoogleアカウントの利点は、多くのサービスで利用できることにあります。

例えば会員登録が必要なサイトの場合、普通ならサイトに個人情報を登録しなければいけませんが、Googleアカウントが利用できるんであれば……

「そこを通してもらおう、私のことはGoogleさんに聞いてくれ」と面倒な手続きをパスできるわけです。

水戸黄門でいうところの『印籠』のようなもんで、それ故に赤の他人が手にすることで権利を悪用することもできちゃいます。

このように大変便利である反面、キッチリと管理をしなければいけないGoogleアカウント。

実は他にも利用方法があります。

それが「一つのアカウントにつき、一つのメールアドレスが与えられる」ということ。(※メールアドレスがアカウントのIDになっている)

いわゆる「フリーメール」というやつで、携帯のキャリアメールやプロバイダから与えられたメールアドレスと違い、誰でも無料で利用できます。

ですが、その利点は無料ということよりも「アドレスを残せる」ということでしょう。

携帯キャリアやプロバイダだと契約が切れたらアドレスを使えなくなりますが、フリーメールはアカウントがある限り使えますから。

※ちなみにプロバイダでは、月々数百円のプランに切り替えることでアドレスを残す方法もありますが、それも結局は契約があってのものです。

もちろんGoogleさんにアカウントを抹消されてしまっては元も子もないんですが……。

とはいえ「Googleさんを怒らせるような悪さをしなければ、おそらく平穏無事に過ごせるだろう」というのが私の考え。

……とまぁ、そんなわけでGoogleアカウント利用しているんですが、私はそれを複数持って、その数だけメールアドレスを使い分けています。

言っときますが……出会い系をしているわけじゃありませんからね。

私なりの『リスク分散』というやつです。

ある程度の信頼を置けるサイトや会社であっても、従業員の不祥事やサイバー攻撃による「万が一」って事がありますからね。

アカウント情報(アドレスなど)が流出する可能性を懸念して、私の場合は「お金関係」や「サイト管理」に使っているアカウントを他のサービスでは一切利用しないようにしています。

また、Googleアカウントが利用できないサービスの場合、会員登録にはメールアドレスが必要ですが、「メールアドレス=ID」なんで、おいそれと教えるわけにもいきません。

(※大前提として、私は携帯のアドレスを会員登録に使わない派です)

そんな心配症が故にアカウントとアドレスが増えていき、これによって新たな問題が発生しました。

……パスワードを把握しきれない!!

アホみたいな話ですよね~ほんまに……。

最高に複雑なトラップ

私は冒頭で話したような「パスワードを紙に書いて保管する」ということをしていません。

かと言って記憶できるような簡単なパスワードを設定しているわけでもありませんし、もちろん同じパスワードを使いまわしているわけでもありません。

アカウントの数だけ「複雑怪奇な記号の羅列」を設定し、そして、それらをタブレットに保存しています。

いわゆる「パスワードを携帯のメモに保存している」みたいな、わりとベタな保管の仕方です。

ただ、簡単に見られる場所に保存しているわけではなく、タブレットのあっちゃこっちゃに隠しています。

もちろんIDとの関連性がわからないように「記号の羅列」だけを保存しているんで、仮に第三者に見られたとしても悪用はできないでしょう。

「パスワードを一括管理するソフトやアプリを使えばいいじゃない」なんて思われるかもしれませんが、私の場合はそれすらも用心する程の性格なんで……。

そもそも「リスク分散」のために使い分けているのに、それらの情報を一元化して、万が一、管理ソフトに不測の事態が起きたら……なんのこっちゃ抹茶に紅茶ですよ。

だから面倒ですが、タブレット内で少々アナログ的な対策をしています。

保存場所にあるパスワードとIDの関連性は私にしかわかりません。

いわゆる「一見、部屋が散らかって見えるけど、本人には物の場所がわかっている状態」なわけです。

「これでパスワード管理はバッチリ!」と言いたいところですが、いよいよ本人でもわからなくなってきました。

野生のリスが、自分の隠したドングリの場所を忘れるが如く。

あかんがな

たとえパスワードがわからなくなったとしても再設定することは可能ですが、把握しきれないが故に、タブレット内の「使わなくなったパスワード」を消すこともできません。

言わば「ダミーパスワード」みたいな感じですよ。

しかもパスワードを再設定する度、タブレット内にダミーが量産されていき……そのダミーによって自分自身が混乱してわからなくなる。

もうええわ!!

まさに、ミカン採りがミカンに。(ん?なんか違う)

というわけで、この問題に終止符を打つため、今一度、Googleアカウント関連を整理することにしました。

  • 各アカウントのパスワードを確認して「絶対に見失わない場所」に保管し直したり
  • Googleさんが推奨しているセキュリティの設定を強化したり
  • それぞれのアカウントの役割(何のサービスに使っているか?)を再確認したり

ハッキリ言って「超」が付くほど面倒くさい作業でしたが、それもこれも安全なネット利用のためですから仕方がありません。

そして、ようやく作業が終わったときに、ふと思ったんです。

Googleアカウントの数……多すぎじゃね?

「今さらかよ!!」

使わなくなったアカウントたち

もちろん先ほど話したような「私なりのリスク分散」という考えがあるんで、複数のアカウントで利用していたサービスを一つにまとめるつもりはありませんよ。

ただ、現在は使っていないアカウント(メールアドレス)がチラホラあるんですよね~。

例えば、まったく理由がわからないんですが……定期的に「えっちぃなDVD」の新着情報が送られてくるメールアドレスとか。

本当、なんでそんなアカウントがあるのか皆目見当がつきません。

もしかしたら、何かしらのサイバー攻撃かもしれませんね。

知らない間に私のアカウントが作られ、『DMM.com』に会員登録して「えっちぃな買い物」でもしたんでしょう。

まったく、迷惑な話ですよ。

そんな「けしからんメルマガ」を受け取るためだけに存在しているアカウントは、この先に残していてもしょうがないんで抹消することにしました。

もちろんメルマガの受け取り先は別のアドレスに変更しています。

他に使っていないアカウントで、数年前に利用していた「ポイントサイト用」のメールアドレスもありました。

いわゆる「おこずかい稼ぎ」のサイトで、そこから送られてくる大量のアンケートを受け取るために作ったアカウントです。

この手のサービスはコツコツ積み重ねていけば、わりと稼げるんですよね~。

……と、ちょっとこれ以上は『大人の事情』で話せないんで、ポイントサイトの良さがわかる専門のブログを紹介しておきます。

バカワインさん

ポイントサイトを楽しく・お得に利用した、楽天市場の活用法、美味しいワイン、旅行記事などを発信しています!貯まったポイントで、より美味しいワインを楽しむのが目標!

ぽここさん

楽しくお小遣いUPしたい♪気になっているもの・ポイントサイト・お得情報など綴っていきます

お二人とも、ご自身で「善きかな~」と感じた情報を扱っていらっしゃるんで、そんじょそこらの情報サイトより親切丁寧な内容のブログですよ。

付け加えて言うなら、バカワインさんはワインのお話もされているんで、そっちが好きな人にもオススメです。

興味があればぜひ。

……さて

現在はこのメールアドレスも使っていないんで抹消することにしました。

これで幾分かGoogleアカウントの管理が楽になります。

じゃあ早速、新しいアカウントでも作りましょうかね。

「いや、増やすんかい!!」

実はパスワード管理を見直すきっかけになったのは、新しくアカウントを作るために現時点でのカオスな状況を何とかしようと思ったからでした。

その理由というのが、少し前に「タブレットの契約を格安SIMに切り替える」という話をしましたが……

タブレットはデータ通信だけなんで、キャリアより格安SIMのほうが安く済みそうです。そこで私なりに格安SIM会社を比べてみました。

先ほども話したことですが……『au』を止めるということは即ち、タブレットで使用しているキャリアメールが使えなくなることを意味しています。

こっちのアドレスもよく使っていたんですよね~。

金融機関で登録していますし、『キャリア決済』を利用していたんで、買い物をする際の会員登録にも出番がありました。

だから、このアドレスの代替として新しいアドレスが必要になったんです。

「え?使っていないGoogleアカウントでよくない?」なんて意見もあると思いますが、そこは……まぁ……アドレス名にこだわったりしますやん?

というわけで、今までのアドレスからドメインだけをGmailに変更したアカウントを作りましたよ。

※ちなみに金融機関でフリーメールはちょっとアレなんで、そこに関してはPCのアドレスに変更しました。

っていうか、どんだけメールアドレス持ってるんでしょうね。

すっかり忘れていたアイツ

新しいメールアドレスを作ったら、次にするのは各サイトで登録している情報の変更です。

なんて簡単に言っちゃってますが、これがまた「超」が付くほどに面倒くさい。

基本的にサイトをブックマークをしていないんで、どこに登録しているかは届いているメールを片っ端からチェックするしかありません。

しかも古いメールは消しているんで、念のためタブレットをPCに繋いで「削除データ」を掘り起こします。

そして、サイトに着いてもパスワードを忘れてログインできないんで、パスワードの再設定を作り直すという作業。

過去の自分よ、そこら辺の管理もちゃんとしといてくれ。

そんな感じで古いメールを掘り起こしてチェックしていたら「忘れていた存在」が出てきましたよ……。

「Yahoo!IDの登録が完了しました」

ワシはどんだけアカウント作っとんねん。

そういえば一度だけYahoo!IDが必要になって作ったような……。

ま、せっかくなんで残しておくことにします。

とにもかくにも、これでタブレットを解約する準備が一つ済みました。

実はまだもうちょっとドタバタがあるんですが……それについては、また別のお話で。

ジョン曰く
今回、勉強になったことは、パスワード管理を複雑にしたら自分でわからなくなること。
そして、後にキャリアメールが使えなくなる可能性を考えて「会員登録用のアカウント(メールアドレス)」を用意しておくべきということです。
私のアホみたいな経験談ですが、それが反面教師として役に立てば報われます。
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

たくさんの人に楽しんでもらえると嬉しいです。この話をシェアする方法は、下の8つから選んでいただけます。

フォローをすると更新情報を見逃しません

トップへ戻る