サイトの仕様を変更したため、一部、変な感じになっちゃっている部分があります。(※現在、必死のパッチで修正中)
生き物

花にまつわる雑学を3つだけ語る

「月見草」「紫陽花」「サボテン」がキーワード。どちらも愛でる対象だからなのか、花について語るとついつい女性の話をしてしまいます。
食べ物・飲み物

味にまつわる雑学を3つだけ語る

「うま味」「塩味」「サラダ味」がキーワード。人生を味で表現するなら、私の場合はマーマレードを塗ったパンをコーヒーと食すくらい「苦さ」が多めです。
PC・端末機器の話

サイトに行かなくても更新情報がチェックできる「フォローボタン」の話

当ブログに設置しているフォローボタンの説明です。ざっくりですがRSSの説明もしているんで「気になってはいたけど、知らなかった」という人は参考にしてみてください。
歴史・文化

江戸時代の商売にまつわる雑学を3つだけ語る

「100円ショップ」「内職」「レンタル業」がキーワード。最近は変わった商売が増えたなんて聞きますが、なんてことはない、昔から変わっているのは変わらないようです。
生き物

虫にまつわる雑学を3つだけ語る

「クマバチ」「ミノムシ」「ムカデ」がキーワード。よく「相手のことを知れば好きになれる」なんて言いますが、それは虫に対しても通用するんですかね?
談話

話したいのは仏教よりも、『男気』溢れる地蔵の生き様

私が尊敬している「お地蔵さん」について。仏教の話が苦手な人にもわかるように説明を入れていますが、どうしてもしんどい場合は後半だけでも何となく伝わると思います。
漫言放語

私が考えた「やっちゃいけない七つの習慣」の話

七つの習慣に対抗して、私なりに「やっちゃいけない七つの習慣」を考えてみました。もちろんネタですが、ひょっとしたら役に立つかも……。
生き物

木にまつわる雑学を3つだけ語る

「紅葉」「街路樹」「切り株」がキーワード。そういえば、小学生の図工の時間に彫刻刀で鳥を彫ったことがありました。久しぶりに何か彫ってみたいですね。
歴史・文化

電話にまつわる雑学を3つだけ語る

「おいおい」「0から始まる」「幻の112番」がキーワード。ちなみに昔は知り合いの電話番号を全て記憶していましたが、携帯が登場してからは一桁も覚えちゃいません。
男と女の話

世の中の「不倫叩き」、その裏に潜む『何か』に違和感を覚えた話

不倫について私なりの考えを語っています。ただ、私の場合は少々邪推が過ぎるんで、この手の話が苦手な人は申し訳ありませんが耳を傾けないほうがいいかと思います。
科学

普段から見聞きしているけど、わりとスルーしている雑学を3つだけ語る

「ニンニク注射」「マンホール」「ドライクリーニング」がキーワード。雑学というのは、本来、こういった気にも留めない知識のことを言うのかもしれませんね。
談話

私が節分の話をすると、なぜか鬼が出てくる

節分について語っていますが、特に歳時記に載るような真面目な内容ではありません。いつも通りのフザけた話にお付き合いください。
人生観

「ため息をつくと幸せが逃げる」というのは、わりと当たり前の話

ため息について、よく私が人にする話です。少々説教じみているかもしれませんが、頭の片隅にでも覚えていてもらえば役に立つかもしれません。
スポーツ

スキー競技にまつわる雑学を3つだけ語る

「ジャンプ競技」×2「回転競技」がキーワード。私は寒がりですし、とある事情でゲレンデにはいきませんが、暖かい部屋でスキー競技を観るのは好きです。
生き物

アリの雑学を語るのは「アリとキリギリス」に納得がいかないから

童話に対してマジになるのもどうかと思いますが、昔から私は「アリとキリギリス」の話に違和感があるんですよ。
歴史・文化

英語にまつわる雑学を3つだけ語る

「No.(ナンバー)」「JAPAN」「hijack」がキーワード。あらかじめ言っておきますが、決して英語力が身に付くワンポイントアドバイスではありませんので。
人物

私は日本地図を作った伊能忠敬の『誤算』に同情する

あまり教科書では語られていない伊能忠敬の真実。日本地図を作った偉業は素晴らしいけど、同情せざるを得ないというお話。
談話

子どもがサラダ嫌いなのは、わりと自然なことかもしれないという話

先日、友人と話していたときに思ったこと。子どものサラダ嫌いにについて、同じくサラダ嫌いだった私の考えを語ります。
男と女の話

男性は知っておいたほうがいい「告白→付き合う」という本当の意味

「告白→付き合う」の本当の意味。これは女性にモテるテクニックじゃありませんが、恋愛の大前提として男性は知っておくべきことかもしれませんよ。
談話

新しい習慣を作るために、知っておいたほうがいいかもしれない話

習慣に対する私の考えを語っています。いつも何かを途中で投げ出しちゃう人でも、この話を聞くだけで少しは変わるかもしれませんよ。