恋愛の記憶から考える、男女それぞれの恋模様

たくさんの人に楽しんでもらえると嬉しいです。この話をシェアする方法は、下の8つから選んでいただけます。

BGM始めました』(※要Flash player)

ジョンです

男性は恋愛の記憶を『フォルダ保存』するから、いつまでも昔の彼女のことを想っている。

女性は恋愛の記憶を『上書き保存』するから、昔の彼氏のことは忘れて次の恋に生きる。

だれが言いだしたんでしょうね?

違和感しかしませんよ。

そりゃあ男性には過去の恋愛を引きずっている人も多いですし、昔の恋人をいつまでも想っていたりするものです。

でも、それは女性にも当てはまりますよね?

じゃなきゃ

aikoも
西野カナも
加藤ミリヤも

世の中の恋愛ソング・失恋ソングが売れませんからね。

世間的に失恋ソングを好きで聴いているのは女性の方が多くないですか?

(もちろん男性だって恋愛ソング・失恋ソングは聴きますけどね)

「今、○○代の女子の間で話題の失恋ソング」

という謳い文句はよく聞きますが、

「今、男性の間で話題の失恋ソング」

なんて言葉は聞いたことがありませんよ。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

女々しくて

失恋ソングの話は置いといて……。

たしかに昔から言われていますよね。

男性の方が女々しいって。

でも、これって女性の勘違いなんですよ。

女性は過去の恋愛を引きずったら次には進めません。

だから男性に対しても同じだと考えてしまいがちです。

でも実際は違います。

男性は過去の恋愛を引きずろうが次に進めますから。

というか

男性にとって恋愛に過去なんて無いんです。

互いに生きている限り可能性はゼロじゃない。

だから、わずかな可能性でも残されているなら、それは現在進行形なんです。

え?

それが女々しいって?

たしかに気持ちを切り替えて次に進む女性からすれば、男性のこの姿は女々しく映るかもしれませんね。

でも、やっぱりそれは勘違いですよ。

男という生き物

男性は複数の女性を同時に愛せる生き物。

良く言えば博愛主義
悪く言えばスケベ

つまりは過去の女性に対しても、『本能』がチャンスを狙っているだけなんです。

べつに過去の恋愛を引きずっているわけじゃありませんよ。

……でも

一度でも恋愛関係があった相手だから
2人の思い出がある相手だから

たとえ可能性がわずかであったとしても、変に期待値が高いんですよね~。

もちろん、どうにもならないことはわかっていますよ。

だから、感傷に浸りながら『たられば』を考えて楽しんでいるんです。

「あのとき、もっとこうしていれば……」
「今でも俺を覚えているだろうか……」
「もう一度出会ったなら、今度こそは!!」

これが女性の目には、過去の恋愛を引きずっているように映るんでしょうね。

女性の中には、そんな男性の女々しさを可愛らしいと思う人もいるみたいですが……

ごめんなさい……もう一回したいだけなんです。

本音は『スケベの心残り』なんです。

カフェラテ3

必要性の問題

倫理的な話は別として

少し下品な言い方をすると、男性はたくさんの相手にとにかく多く出すことを前提に生きています。

同時に複数の相手を愛せるので、わざわざ過去にして忘れる必要がないんですよ。

つまり

過去を忘れないと次に進めない女性とは、そもそも恋愛の仕方が違うんです。

べつに忘れなくても進めますし、特に忘れる必要もありませんからね。

博愛主義という観点から、男性が過去の恋人を覚えている理由がわかりました。

ですが、常に覚え続けているわけではありませんので、女性の方はそこまで気にしなくてもいいと思いますよ。

単に忘れる必要がないだけで、気持ちがそこに向いているわけではありませんので。

ちなみに世の中には、過去の恋愛を引きずったまま次に進めない人もいます。

昔の恋人を密かに想い続けている人もいます。

でも、それは男性だからというよりも個人的な問題ですよね。

二度と会えない人とか
生涯で大切な人とか

男女に限らず、そういう人っているもんですから。

人間、生きていれば、一度くらいは生涯忘れられない恋愛もあるでしょうよ。

本気の恋愛

女性が『上書き保存』と言われる理由。

昔の恋人を何とも思わなくなったり
過去の恋愛をきれいさっぱり忘れたり

男性とはまるで正反対のようです。

いや……そもそも『本気』じゃないんでしょ?

……なんだか殺気を感じる。

ちょっと言い方がアレでしたね。

先ほども言ったように、男性は博愛主義で、すべての恋愛に対して現在進行形です。

だから過去の恋愛を忘れる必要がありません。

じゃあ女性はどうなのか?

忘れる必要があるんです。

男性は博愛主義なので、全員をそれぞれに『本気』で愛せます。
(後で話しますが、浮気とか何股とかいう話じゃないですよ)

けれど

女性が『本気』で愛せるのは、たった1人だけなんです。

この違いが男女の恋愛においての大きな違いですね。

え?

たった1人だけに『本気』なら、それでいいじゃないかって?

チーズケーキ

男性にはショックな話

女性は同時に1人しか受け入れられません。

プレイ的な話ではなく、生命を宿すという意味ですよ。

そして、そのためには自分の命をも懸けることになりますよね。

その後の人生にも大きく関わってきます。

こういった意味合いにおいて、男性は全員を本気で愛せて、女性は1人しか本気で愛せないという違いがあるわけです。

女性は『本気』で受け入れられる相手を探しています。

そのためには、数多くの男性の中から選び続けなくてはいけません。

つまり

女性には『本気の相手』との恋愛もありますが……

多くの恋愛は、それを選ぶための『審査』になっているんです。

女性が過去の恋愛をきれいさっぱり忘れる理由が見えてきましたね。

そうなんです。

審査から落ちた人の事を、いちいち覚えておくわけにはいかないんですよ。

だって過去の男性への想いや感情は、別の『審査』の邪魔になりますから。

ちなみに現代では避妊の確率が上がっているので、たとえ一線を超えたからといって安心はできません。

その先にも2次3次と『審査』は続いていきます。

「一度寝たくらいで彼氏気取りしないで」というセリフ。

まさに審査から落ちた瞬間ですね。

本当はものすごくモテる

男女の色恋は、女性が作ったきっかけで動き始めます。

言わば恋愛の始まりは、女性が主導権を握っているわけです。

女性はこれを生まれながらに本能で知っています。

そして数多くの男性を審査する側だということも。

(個人差はありますが)男女は生まれつきモテレベルが違うんですよ。

「全然モテないの~」なんて言っている女性でも、普通の男性よりもはるかにモテるんです。

だから女性は恋愛を自由に楽しんでいます。

ここも男女の違いかもしれません。

細かいシチュエーションにこだわれるのも
寂しいから新しい恋愛を始められるのも

女性だから可能にしているわけです。

少し意地悪な言い方をすれば、相手に対して、それほど気が無くても恋愛ができます。

妥協さえすれば、周りにいくらでも恋愛の相手がいます。

でも、だからこそ妥協はしたくない。

多くの恋愛を重ねて
多くの男性を審査して

その中から、本気で受け入れられる人を探し続けていきます。

クレームブリュレ

女性を想えばこそ

ここまで来ると
「本気の恋愛をしないのか?」

なんて疑心暗鬼になってきますか?

「俺との恋愛は嘘だったのか~」みたいな

そんなことはありません。

女性は『恋愛』に対しては本気です。

いつも本気で恋をしています。

ま、仮にそれが『嘘』だったとしても……

「女のウソは、許すのが男だ」

……と、コックさんが言っていましたよ。

私は素敵なことだと思いますけどね。

多くの男を審査することも
恋愛を自由に楽しむことも

すべては

本気で受け入れられる相手を見つけるため
心から大切な人と巡り会うため
『身体と命と人生』を男から守るため

女性に与えられた権利だと私は思います。

辛い選択

多くの恋愛を重ね、女性が本気で受け入れられる男性に出会った。

最高の瞬間かもしれませんね。

でも、その恋愛が上手くいかなかったらどうでしょう?

今までの脱落者と同じように、きれいさっぱり忘れて次に進むんでしょうか?

そんな簡単なものじゃないでしょう。

なんせ『本気の相手』だったんですから。

「女性は、男性にとって最後の人になりたいと願う」

昔から言われている言葉です。

きっと本心では相手を想い続けたいことでしょう。

でも女性としての人生が、次に進むことを選ばせます。

それは……『忘れる』ということです。

女性が過去の恋愛をきれいさっぱりと忘れる理由。

男性からすれば「冷たい女」とか「心が強い」とか思っていたかもしれません。

でも本当は、これからの人生を生きるために必要なことだったんです。

たとえそれが辛い選択だったとしても、過去を忘れなくては前に進めないのが女性ですからね。

カフェ2

本当のフォルダ保存

ここまで『忘れる』という言葉を使ってきました。

ですが実際のところ……女性は過去の恋愛を忘れていません。

なんせ『記憶』ですからね。

どうでもいい男性は本当に忘れられているかもしれませんが……。

正しくは「気持ちを切り替えている」ですね。

そうして心の奥底に思い出を閉じ込め、『恋愛感情』を殺しているんです。

まるで本当に忘れてしまったかのように……。

だから恋愛ソング・失恋ソングが売れるんですよ。

ドリカムも
プリプリも
ミスチルも

切ない歌に心の奥底が震えているんです。

……ということは、

女性こそが本当の『フォルダ保存』でしょ?

え?

男性ですか?

上書き保存をしながら『常に全ファイル稼働中』ですよ。

お互いに違うからいい

恋愛の記憶に関する男女の違いから、恋愛への向き合い方の違いが見えてきました。

忘れなくていいのが男性
忘れないといけないのが女性

多くの異性を狙うのが男性
多くの異性から狙われるのが女性

選ばれるのが男性
選ぶのが女性

まるで正反対の恋愛をしているように思えますか?

でも、男女ともに求めていることは1つでしょう。

本当に大切な人と出会い、共に生きていくことですよ。

え?バカバカしい?

そんな事は思ったことが無いって?

じゃあ……まだ出会っていないんですね。

ジョン曰く
いろいろと語っておいてなんですが……
男女共に知らないほうが良いこともありますよね~。
世の中はそんな事だらけかもしれません。
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

たくさんの人に楽しんでもらえると嬉しいです。この話をシェアする方法は、下の8つから選んでいただけます。

フォローをすると更新情報を見逃しません

↓ブログランキング参加中↓
投票してもらったら順位が上がるパターンのやつです

※投票は上のボタンを押すだけ(登録などは不要です)