ぶりっ子のすゝめ

たくさんの人に楽しんでもらえると嬉しいです。この話をシェアする方法は、下の8つから選んでいただけます。

BGM始めました』(※要Flash player)

ジョンです

『ぶりっ子』は嫌われます……女性に。

どういうことなんでしょう?

テレビでもぶりっ子キャラの女性が吊し上げられていたり、世間的にも悪い女として扱われていたりします。

ぶりっ子が許されるのは、アイドルくらいでしょうか?

いや……アイドルでさえも、時に、仲間内から厳しい目で見られるときがありますね。

なぜ嫌われるのか?

女性側の意見をまとめると……男性にモテるから。

……

妬み嫉みが強いわ!!

引くわ~。

「ぶりっ子のあざとさに引く」とか言っている裏に、モテないヒガミが潜んでいることを想像してこっちが引くわ~。

……というわけで

私は元々ぶりっ子が好きですが、こうなったら全力で援護したくなってきましたよ。

ぶりっ子の何がいけないんですかぁ?

男性は好きだからいいんじゃないですかぁ?

ぶりっ子をしない、そっちが悪いんじゃないですかぁ?

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

愛らしさです

そういや昔は『かわい子ぶりっこ』と言っていましたね。

可愛い子振る、つまり、可愛い子のふりをする子という意味です。

「わかんなぁ~い」と無知のふりをしたり
「持てなぁ~い」と非力のふりをしたり

女らしさ、愛らしさをアピールして甘えるわけです。

「ふりをする」なんて言われていることから、元々は『わざとらしさ』を揶揄した表現でした。

『かまとと』みたいなものですね。

江戸時代の遊女が自身を可愛くみせるために、無知や世間知らずを装ったことに由来する言葉です。

蒲鉾が、とと(魚)からできていることを知っているのに知らないふりをする。

「これってぇ~、とと(魚)なんですかぁ~?えぇ~!知らなかったぁ~♪お客さん、頭が良いんですねぇ~♪私、頭が良い人大好きなんですぅ~♪」

みたいな感じです。

さすがに『かまととレベル』になるとイラッとしますけどね。

いちいち物を知らんアピールをされたら、そのたびに会話が止まりますから。

ましてや知らないふりをしておきながら、説明を真剣に聞くふりはできないなんて最悪ですよ。

真実に気付いていない

多少の好みは分かれますが、大抵の男性はぶりっ子が好きです。

40点くらいの女性でもない限り、ぶりっ子をされることには好意的だと思いますよ。

基本的に女性に甘えられることが好きなんですよね。

男としての本能が求めていると言っても過言ではないでしょう。

そんな男性の様子を見ると、反ぶりっ子派はいつもこんなことを言います。

「男は全然わかっていない」
「そうやって、ぶりっ子に騙されているのよ」

……

え?何を言っているんですか?

「男はぶりっ子に騙されている」
「ぶりっ子をしているのに気付かずに喜んでいる」
「女性を見る目が無い情けない男だ」

……

だから、何を言っているんですか?

知っていましたよ、そんなことくらい。

女性のぶりっ子がわからないわけがないじゃないですか。

知った上で喜んで受け入れているんですよ。

おそらく気付いていないのは女性のほうだと思いますよ。

%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%a9%e3%83%866

男性が求めるもの

男性は、女性の『ぶりっ子』をすべてわかった上で受け入れているんです。

でも、愛らしいからいいんじゃないですか?

可愛い仕草を見せてくれたり
こちらを男性として立ててくれたり

甘えてくれることに何の問題もありません。

極端に裏表があり過ぎたり
他人を蹴落としてまで自分を良く見せたり

そんな根性がババ色の女性はノーサンキューですけどね。

でも、普通に男性の前で態度が変わるくらいなら、ぶりっ子でいてくれて全然構いませんよ。

むしろ、そうやって男性として意識されているほうが嬉しいもんです。

クールビューティーなんて言いますけど、やはり自分の前では笑顔でいてほしいですからね。

ちなみに、時として女性が作り笑顔だということも、背中を向けた瞬間に真顔になっていることも知っています。

たまに真顔に戻るのが早すぎて、背中を向ける前の横顔に引きますけどね。

そんなことより

もしかしたら裏表という考えが良くないのかもしれません。

異性の前が『表の顔』で、同性の前が『裏の顔』という考え方です。

ぶりっ子も本当の自分

そもそも人間というのは、相手によって態度や性格が少しずつ変わるもんです。

べつに悪い意味じゃないですよ。

親の前では子どもであり
友人の前では友人であり
恋人の前では恋人であり
他人の前では他人である

人間は相手との『関係性』によって出てくる自分が違います。

だから、出てくる自分が相手の性別によって違うのも自然なことです。

ぶりっ子は、性格に『裏』があるのではなくて「数ある自分」の中の一つ。

単に『自分』を切り替えているだけなんですよ。

ちなみに、ぶりっ子の状態ですが

可愛らしい仕草や愛らしい仕草というのは、男性に守られるための『保護本能』です。

女らしさを出して甘えるというのは、現にそういうことですからね。

だから男性の前だとぶりっ子になるのは、女性としての本能によるものだとも言えます。

(本能という観点からすれば、逆にこれが出てこないほうが問題かもしれませんね……)

つまり男性は、女性の保護本能に応えているだけなんですよね。

そして本能的に感じるからこそ、その行動がぶりっ子の状態だとわかるのかもしれません。

%e3%83%81%e3%83%a7%e3%82%b3%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%882

オススメします

結局のところ、『女らしさ』がどこまで出ているかの違いじゃないですか?

程度の差こそあれ、男性の前では保護本能が出ていると思いますよ。

反ぶりっ子派の人は、おそらく理性が拒否しているのかもしれません。

ぶりっ子は「男性に守られる」という、ある意味『弱さ』を見せてしまうわけですから。

だから

それを無理なく見せて、上手く男性に守られている女性へ敵意が生まれるのもわかります。

そして、自分に『強さ』を求めている人ほど、ぶりっ子を嫌っているのも納得できます。

……でも、本当にそれでいいんですか?

自分を守る本能であり、男性を魅了する力ですから、もっと肯定的に考える女性が増えて欲しいですね。

ぶりっ子を否定している女性というのは、女らしさや愛らしさを否定し過ぎて、自分の持っている魅力まで失っている気がします。

もちろん、無理していきなりブリブリ全開になる必要はありませんが……。

それでも少しずつ「ぶりっ子の自分」を出していくことで、自身の魅力に磨きをかけていくのもアリだと思いますよ。

ジョン曰く
ぶりっ子に近い系統で『擬音系女子』というのがいます。
自分の動作に「てくてく」とか「つんつん」とか擬音を付けるという女の子。
このタイプも好きなんですよね~、可愛くないですか?
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

たくさんの人に楽しんでもらえると嬉しいです。この話をシェアする方法は、下の8つから選んでいただけます。

フォローをすると更新情報を見逃しません

↓ブログランキング参加中↓
投票してもらったら順位が上がるパターンのやつです

※投票は上のボタンを押すだけ(登録などは不要です)