PCが苦手な人でも.php拡張子の画像を.jpgや.pngに変換するのは簡単です

たくさんの人に楽しんでもらえると嬉しいです。この話をシェアする方法は、下の8つから選んでいただけます。

BGM始めました』(※要Flash player)

ジョンです

前回、タブレットから消えた画像を復元するため、一人で勝手に悪銭苦闘しているお話をしました。

画像データの復元に必死のパッチで挑んだ話
昔から「転ばぬ先の杖」なんて言いますが、一度も転んだことがなければ杖を用意する必要性に気づきません。かくいう私もデータが消えた経験が無かったので、バックアップの必要性にいまいちピンと来ていませんでした。

実はこれには続きがありまして……。

前回の結末を軽くおさらいすると

タブレットから消えた『画像データ』を見事復元。
(画質は落ちましたが……)

復元できなかった写真も、偶然、クラウド化していたので無事でした。

とりあえずは一件落着だったんです。

でもその後、クラウド化していた写真をPCからコピーして再びタブレットに戻すと……

ファイルが開かない!!

どういうことやねん。

元々、タブレットで見ていた画像ですよ?

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

種類が違う

そういえば……PCの画面ではファイルの表示が他とは違ったような……。

ファイルを開くときも『Windows フォト ビューアー』なんていう、いつもは使わないものが作動していたような……。

そんなに違和感があったなら、タブレットに入れる前に確認しとけって話ですよね。

だって以前は普通に見られたから、特に問題ないだろうと思ったんですよ……。

なんて言い訳は置いといて

問題のファイルを確認すると……拡張子が『.php』でした。

※PCが苦手な人のために説明すると、拡張子とはファイルの種類を識別するために名前の末尾に付いた文字列の事です。

ファイルを保存したときに、タイトルの後ろに勝手に付いているアルファベットのアレです。

それはそうと『PHPファイル』のままでは開かないんで、見られるように変換するしかありません。

このブログにお越しいただいている人の中にも「画像がPHPファイルで困った」という経験をされた人がいるかもしれませんね。

あるいは、その問題を解決したくて辿り着いた人もいるでしょう。

私も知人(PCが苦手)から「どうすればいい?やっぱり専用の変換ソフトがいるんかなぁ……」なんて聞かれたことがありましたよ。

私の答えは

「そんなもんいらん」

『画像』だとわかっているなら、既存のソフトで変換すればいいんです。

というわけで、これから私が実践している方法を紹介しますが……

基本的に私はPCに詳しいわけではないので、やっていることは非常に泥臭い自己流です。

おそらく上級者の人や専門知識がある人からすれば、へそで茶を沸かすレベルで見ていられないと思います。

その代わり非常に簡単にできる方法なので、私と同じくらいか、それよりも苦手だという人の役に立てれば嬉しいです。

※特に複雑なことはしませんが、一応、自己責任でお願いしますね。

即、解決

『PHPファイル』は、いちいち開かないといけない感じが面倒です。

どうせ画像を見るだけなら、他の画像と同じようにすんなり見たい。

スマホやタブレットなら尚更そう思います。

というわけで、普通の画像(.jpgや.pngなど)に変換してしまいましょう。

そもそも『.php』とは、PHPと呼ばれるスクリプト言語を含んだHTMLファイルに付く拡張子のことで……

そんなことはどうでもいい

画像を見られたらそれでいい。

じゃあ、早速やり方を説明すると

『Word』か『ペイント』に張り付けて『図形』として保存すればいいんです。

以上、ありがとうございました。

え?

説明が雑?

%e5%96%ab%e8%8c%b6%e5%ba%973

PCが苦手でも大丈夫

では、ここからは実際の画面を見ながらの説明です。

私の知人は非常にPCが苦手だったんで、彼と同じくらいPCが苦手な人にもわかるように、基本操作の説明も交えて丁寧にいきます。

※「それぐらいできるわい」という人は要点だけ見て軽く流してくださいね。

画像を変換するためには『Word』に張り付けなくてはいけません。

基本的なやり方としては『コピペ』で張り付ける方法なので、まずはこの説明からしていきますよ。

一応、コピペって言うのは『コピー&ペースト』の略ですけど、それはどうでもいいですね。

まずフォルダを開くと、PHPファイルは『変な絵』で表示されていたりします。

WordでPHPを変換1

これを選択して右クリックで『コピー』

WordでPHPを変換2

左上の『コピー』って所を押しても同じことなんですが、私は右クリックの方が慣れているんで

これで準備はOK

次は『Word』を開いて右クリックで『張り付け』

WordでPHPを変換3

ちなみに『右クリック』を使わずに張り付ける方法は

左上の『ホーム』をクリックして開きます。

WordでPHPを変換4

そして左側にある『貼り付け』をクリック

WordでPHPを変換5

どちらの方法でも同じ結果なんですが、やはり私は『右クリック』の方が楽です。

と、まあこんな感じで『貼り付け』をすると……

WordでPHPを変換6

Wordの画面に画像が張り付けられます。

掴んで放す

次はコピペよりも感覚的な基本操作『ドラッグ&ドロップ』です。

やっていることはコピペと変わりませんが、せっかくなので説明しておきますね。

ところで、最近のスマホ世代は「逆にPCの基本操作ができない」なんて耳にしたことがありますが、本当なんですかね?

そんなことはどうでもいいですね。

まず『Word』の画面を開いて、次に変換したい画像が入っている『フォルダ』を開きます。

あとは

  1. 『画像』をクリックして
  2. ボタンを押したまま『カーソル』をスライドさせて
  3. 『Word』の画面の上に来たらボタンを離す

これだけです。

WordでPHPを変換8

ちなみに

ドラッグ=引きずる
ドロップ=手放す

という意味です。

  1. ボタンを押している状態を「手で掴んでいる」
  2. そのままカーソルを動かすと「掴んで引きずる」
  3. 目的の場所でボタンを離すと「掴んだ手を放す」

こんな風にイメージすると分かりやすいですよ。

「掴んで放す」ということですから、この操作は基本的に『移動』させる方法です。

(本来、ドラッグ&ドロップで『コピー』をするのであれば、『Ctrlキー』を押しながら操作をする必要があります)

ですが、今回のように『Word』などのソフトを開いている上にドロップすると、PCがコピーとして扱ってくれるので『Ctrlキー』を押しておかなくても大丈夫ですよ。

注意点としては、本来であれば『移動』の操作なので、カーソルを動かしている途中に赤枠のところでボタンを離してしまうとファイルが移動しちゃいます。

WordでPHPを変換9

だから『目的地』までは離さないように気を付けてくださいね。

『コピペ』で貼り付けるのか
『ドラッグ&ドロップ』で引きずり回すのか(言い方……)

お好みの方法で画像を貼り付けてください。

貼り付けた画像を保存

見事、Wordに画像が張り付きました。

後は画像を右クリックして『図として保存』を選択

WordでPHPを変換10

すると保存画面が出てくるので

  1. 保存する場所(フォルダ)を選んで
  2. 名前を付けて
  3. ファイルの種類を選んで

『保存』をすれば終了。

WordでPHPを変換11

※『ファイル形式』がわからない人や、特に決まっていない人はそのままでOKです。

私も画像を見るだけなら特にさわりません。

ちなみに、この操作は「Wordの文書の中にある画像」を保存しています。

文書の保存とは別ですので、くれぐれもお間違えのないように。

もちろん画像を保存した後の文書は破棄してもらって大丈夫です。(記念に残しておいても構いませんが……)

別の方法もあります

普段からWordを使っている人なら「コピーして張り付けるより、画像を挿入した方が早いんじゃないの?」なんて思われるかもしれませんね。

正解!

ただ、PCが苦手な人には『コピペ』や『ドラッグ&ドロップ』のほうが感覚的に覚えやすいので、そちらの方法を紹介しました。

まぁ……せっかくなので画像を『挿入』する方法も説明しますね。

先ほどのやり方と結果は同じなんで、ご自分のやりやすい方法を試してください。

まず『Word』の画面で、左上の『挿入』をクリックして開きます。

WordでPHPを変換12

そして『画像』をクリック

WordでPHPを変換13

すると画像を選ぶ画面が出てくるんですが……

WordでPHPを変換14

普通にフォルダを開いたときはあったのに……消えている。

その理由は右下にあるフィルターが『すべての図』になっているから。

『フィルター』はファイルを絞り込む機能なんですが、今は「画像の挿入」という作業をしているから、PCが親切に『図だけ』に絞り込んでくれているわけです。

「え?でも挿入するのは画像なんじゃ……」

そうなんです。

画像を探しているのに出てこない。

つまり『PHPファイル』は画像として認識されていないんです。

そもそも『.php』とは、PHPと呼ばれるスクリプト言語を含んだHTMLファイルに付く拡張子のことで……

そんなことはどうでもいい

『挿入』できればそれでいい。

というわけで『すべての図』と表示されているフィルターをクリック

WordでPHPを変換15

ズラズラっと形式が出てくるので、一番上の『すべてのファイル』を選択

WordでPHPを変換16

するとお探しの『PHPファイル』が出現します。

WordでPHPを変換17

あとは画像を選択して『挿入』をクリックすればOK

WordでPHPを変換18

画像が表示されたら、先ほどと同じ右クリックで『図として保存』です。

ちなみに私の知人(PCが苦手)は、ファイルが出なかった時点でパニクッてしまいました。

彼には『コピペ』のほうが簡単でわかりやすいようです。

でも、その気持ちはわかります。

だって画像さえ見られたなら、べつに細かい知識とかどうでもいいんで。

Wordが使えないんだ~

これまで紹介した方法は「Microsoft officeのWord」を使ったやり方なので、それ以外の『文書作成ソフト』だと思うようにいかない場合があります。

  • コピーしたのに『張り付け』できないとか
  • 『画像の挿入』ができないとか
  • 画像は張り付けたけど、『図として保存』ができないとか

実は先ほどの知人とは別の知り合いからも相談を受けたんですが……

彼のPCには『Word』が無い!!

ついでに『Windows フォト ビューアー』も無い!!

PHPファイルを開く術がない!!

PCを探せば「Wordっぽいもの」が入っていたんで一応試してみましたが、『図として保存』の機能がありませんでした……。

でも大丈夫です。

彼のPCには『ペイント』が入っていましたから。

『ペイント(お絵かきソフト)』は大体のPCには入っていると思います。(彼のPCは十数年前の物)

というわけで、Wordで変換する方法ができない人は『ペイント』で変換する方法を試してみてください。

ペイントに張り付ける

まず『ペイント』を開いてみましょう。

白いキャンバスがあります。

ここに画像を張り付けて『保存』するわけです。

ペイントで変換1

貼り付けと言えば……おや?

左上に『張り付けボタン』がありますね。

「じゃあ、さっきと同じようにコピーして貼り付ければ……」

ところがギッチョンチョン

先ほどのようにファイルをコピーしても、この『貼り付け』は使えないんです。

ペイントで変換2

でも大丈夫。

この『貼り付け』にカーソルを合わせると、クリックできる箇所が上下に分かれます。

下のほうは『オプション機能』を使う場合に選択する場所です。

今回使うのはこのオプション機能なのでこちらをクリック

ペイントで変換3

表示されたオプションの中の『ファイルから貼り付け』をクリック

ちなみに、これは先ほどのWordで言うところの『画像の挿入』と同じ機能だと思ってくださいね。

ペイントで変換4

クリックすると選択画面が出てきますが……

ペイントで変換5

フィルターの絞り込みが『すべてのピクチャファイル』になっています。

やはり『PHPファイル』は画像として認識されないんですね。

そもそも『.php』とは、PHPと呼ばれる『スクリプト言語』を……

もうええわ!!

何回言うねん。

というわけで、『すべてのピクチャファイル』と表示されているフィルターをクリックして、『すべてのファイル』を選択します。

ペイントで変換6

お探しの画像が出てくるので選択して『開く』をクリック

ペイントで変換7

すると先ほどの白いキャンバスに画像が張り付けられますが……

ペイントで変換8

場合によっては、あまりに画像が大きくてビックリするかもしれません。

でも大丈夫です。

元々、それくらい大きいサイズの画像だったんだと思ってください。

ですので画像には何もせずにそのまま『保存』します。

画面の一番左上にある『ファイル』をクリックして、メニューを開いたら『名前を付けて保存』を選択します。

ペイントで変換9

保存画面が出てくるので

  1. ファイルを置く場所(フォルダ)を決めて
  2. タイトルを決めて
  3. ファイルの形式を選んだら

『保存』をクリックして終了~♪

WordでPHPを変換11

見事『ペイント』でも変換できました~♪

こちらも感覚的に

今は『ファイルから張り付ける』という方法を紹介しましたが、先ほどの『Word』のときのように「感覚的に操作したい派」という人もいると思います。

でも直接の『貼り付け』は使えないんですよね~

……だとすれば『ドラッグ&ドロップ』!!

『コピペ』は出来ませんでしたが『ドラッグ&ドロップ』は可能でした。

『ペイント』を開いて、画像が入っているフォルダを開いて、あとは『ドラッグ&ドロップ』

ペイントで変換10

先ほどの注意点のように途中でボタンを離さなければ、こっちの方が断然楽です。

ファイルから張り付けるか
引きずり回すか(だから言い方……)

これも、ご自分に合ったやり方で試してみてください。

知識よりも感覚

いかがでしたでしょうか?

このようにPHPファイルが『画像』だとわかっているなら、元々のPCの機能だけで簡単に『変換』できます。

もっとも「Wordもペイントも使えない」なんて場合は、私の知識ではお手上げですが……。

ちなみにこの方法を使えば『.php』以外に『.jpg』でも『.png』でも、好きなようにファイル形式を変換できます。(私は特にしませんが……)

ついでに言えば「拡張子が表示されていない謎のファイル」でも変換できました。

念のために補足させてもらうと、『変換』と言っていますが元のファイルを直接イジっているわけではありません。

作業の流れは

  1. 一度、『ファイルの画像』を画面に表示させる
  2. 表示された画像を『新しいファイル』として保存する
  3. 保存するときに『ファイル形式』を変えている

つまり「複製された画像」のファイル形式をイジっているだけです。

だから「失敗したらどうしよう……、データが消えちゃうんじゃ……」なんてドキドキしながら操作する心配もありませんよ。

基本、この操作で失敗なんかしませんが、仮に失敗しても『複製』を消して最初からやり直せばいいので大丈夫です。

なんならペイントに張り付けたときに『落書き』だってできちゃいます。
(※その際は『ズームレベル』を変えたほうがいいですよ)

というわけで

画像を変換していたら「これって役に立つかなぁ?」なんて思ったので、個人的に実践している方法を紹介してみました。

私の知人と同じように「PHPファイルってなんじゃい!ワシは画像が見たいんじゃい!」ってな感じで困っている人の参考になれば幸いです。

ジョン曰く
私はそれほどPCに詳しくありませんが、以前に勤めていた職場では周りにPCが苦手な人ばかりだったので、自然と『カスタマーサポートセンター』と呼ばれていました。
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

たくさんの人に楽しんでもらえると嬉しいです。この話をシェアする方法は、下の8つから選んでいただけます。

フォローをすると更新情報を見逃しません

↓ブログランキング参加中↓
投票してもらったら順位が上がるパターンのやつです

※投票は上のボタンを押すだけ(登録などは不要です)