UQmobileのデータ無制限が想像以上で驚いた男の話

たくさんの人に楽しんでもらえると嬉しいです。この話をシェアする方法は、下の8つから選んでいただけます。

BGM始めました』(※要Flash player)

ジョンです

私はガラケーとタブレットの二台持ちです。

通話とメール(友人・知人)はガラケーで、アプリやデータ通信はタブレットという使い分けをしています。

なぜスマホ一台で済むことを、わざわざ二台に分けるのかというと……単純に料金を抑えるため。

どういうわけか「求める条件がほぼ同じなら、別々の回線にした方が安くなる」という数字のマジック。

当初はスマホの普及がまだまだやったんで、「料金設定が落ち着いていない間だけ抜け穴的に安くなっている」と思っていましたが、わりと現在でも別々のほうが安いです。

もしかしたらスマホでの契約に何かあるんでしょうか?

てりやきマックバーガー¥320
コーヒー(S)¥100
マックフライポテト(M)¥270

合計で¥690やけど、バリューセットなら¥620やから断然お得。

でもポテトとか要らんかったら、バーガーとコーヒーで¥420を払うほうが適正価格。

つまり「スマホでの契約にはポテトをご一緒にされているかもしんない」ということです。(※適当なことを言ってます)

ちなみにポテトをSサイズにしたら-¥50で¥570になりますが、そもそもポテト(S)は¥150……単品で揃えても¥570やないか!

どこがバリューセットやねん。

「いやいや、つまりセットのポテトをMサイズ以上で頼むと断然お得なんですよ」

なるほど、そう考えるとセットを頼むべきなのかもしれませんね。

……ん?

だから、わしはポテトが要らんねん!!

とかく商売というのは、あらゆる“お得情報”を見せて、いかに消費者の取捨選択を麻痺させるかがポイントなのであ~る。

だから、こちらとしても“実用的な部分”に目を向けて検討すべきであ~る。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

データ無制限の魅力

ま、ポテトの話はどうでもええんですが……

長年「二台持ちだから安い」なんてあぐらをかいていたら、いつの間にか格安SIMが登場して「もっと安くなる」ということがわかりました。

そこで以前、格安SIMへ乗り換えるためにアレコレと調べ、自分なりに比較した話をしましたが……

タブレットだけでも格安SIMに変えたくて色々と調べた男の話
タブレットはデータ通信だけなんで、キャリアより格安SIMのほうが安く済みそうです。そこで私なりに格安SIM会社を比べてみました。

結果、タブレットの回線は『UQ mobile』切り替えました。

決め手はやっぱり深キョンと多部ちゃんと永野さんが可愛いKDDIグループということで「回線が安定しているだろう」と、ある程度の信頼を置いているから。

そして何より『データ無制限』というプランの魅力です。

べつに「泉が湧き出るが如く」尽きないデータ容量を求めているわけじゃありませんけどね。

でも残量を気にしながら使わなくていいし、足りなくてチャージすることがないのは大きなメリットです。

月末が近くなると

大量のアプリをアップデートさせたり
お得情報のメルマガを送ってはサイトを閲覧させたり

無駄にパケットを使わせて、最終的に「データチャージせざるを得ない状況」に追い込まれる場合がありますから。(言い方)

なんやねん無駄に使わすって。

女の子に飲み物を奢る店で、食べもせんフルーツを頼んでんのか。

そこでケチる男は女の子からロクに相手もされへんって?

やかましいわ。

それとチャージせざるを得ない状況ってなんやねん。

ギリギリアウトのマッサージ屋か。

「アト、ゴセンエンデ『スペシャル』デスヨ~」って?

やかましいわ。

……それはさておき

以前の話でも言っていた「送受信500kbpsまで」という制限。

結局のところ、どうだったんでしょうか?

今回は、私が実際に利用した結果をお話します。

ちなみに前回は格安SIM会社を比較していたんで、詳しい説明を少々端折りましたが……

『bps』とは通信回線などのデータ伝送速度の単位で、「1秒間に何ビットのデータを送れるか?」というのを表しています。

水道の蛇口でいうところの「流量」みたいなもんですかね?

ドバドバ出るか、チョロチョロ出るか。

当然、流量が多ければ一定時間に出る水の量も多く、それはデータ通信においても同じ。

大量のデータを送れるほうがネット通信もサクサク進みます。

それが500kbpsで大丈夫なんでしょうか?

通信速度に不満は無い

通常のau回線なら「最大受信190Mbps」はあります。

UQ mobileのデータ無制限は「最大送受信500kbps」です。


1kbps=1024bps
1Mbps=1024kbps

桁違いやがな!!

あくまで「最大値」なんで平均的には70Mbpsくらいだそうですが、それでも500kbpsと比べれば軽く140倍は超えています。

……本当に大丈夫なんか?

こんな風に数字だけを見比べると心もとない感じですが……ところがギッチョンチョン。

実際に使ってみて、何一つ問題はありませんでしたよ。(※私の場合)

タブレットでのデータ通信はもちろんのこと、テザリング先のPCでもストレスを感じることは……ほぼ無い。

もともと高速通信が必要になるようなことはしていませんからね~。(動画も見ませんし)

あ、でも1分程度の動画なら再生できましたよ。(サイト上のPR動画とか、えっちぃなアレのサンプル動画とか)

あと、音楽くらいのデータなら問題なく再生できます。(このサイトで最近導入した『BGM』も聴けます)

それにしても、なんでここまでストレスフリーなんでしょうね?

早速、タスクマネージャーを開いて調べてみると……データ通信の初速の数値がデカい。

どういうわけか「1~2Mbps」まで受信速度が上がっています。

きっと何かしらの「ブースター的な作用」が働いているのかもしれません。

正直、スタートダッシュでそこまで頑張ってくれたら非常にありがたいですね。

なんせ基本的に遅めの通信速度なんで、チョットずつ読み込むよりも、最初にガッ!っと読み込んだほうが楽ですから。

サイトの作り方にもよるんでしょうけど、ある程度の情報を読み込んだら閲覧できるようになるんで「待たされている感」がありません。

そういった意味でもストレスフリーです。

さらに嬉しいことが……平常時でも通信速度は450~650kbpsの辺りをキープしてくれています。

最大500kbpsと表記されていましたが、実際はその数値を優に超えるようです。(※あくまで私の地域で当てはまるだけかもしれませんが……)

もちろん、今までよりも読み込みが遅いサイトもありますけどね~。

でも、それは「最大500kbps」という条件を受け入れたときに想像できた範疇なんで、必要なサイトならちょっとくらいは待ちますよ。

……というわけで、最終的に心配事の真逆の結果になりました。

ちなみに、この「データ通信のみで無制限」というプランは月々1980円です。

私はこれにセキュリティのオプションを付けているんで、なんやかんやで2500円くらいになります。(※どんぶり勘定)

ガラケーのプランは「ガチの通話かけ放題」をやめて一番シンプルなプランにしたんで、なんやかんやで1500円くらい。

ガッチャンコして月々4000円くらいに収まります。

なんと!今までの半額以下で、データ量は無制限というウルトラC!!

あ、通話かけ放題をやめた理由は聞かないでくださいね。(察してください)

単に長電話をする相手が居なくなっただけです。(すぐ言う)

一番にオススメするわけじゃない

どうです?お得でしょ?

あなたもUQ mobileのデータ無制限にしませんか?

……とは言わない。

何故なら……たまたま私の求める条件に合っていただけなんで。

そもそも「送受信最大500kbps」という通信速度で満足しているのは、私がそこまでの高速通信を必要としていなかったから。

そして「ダメなら止めればいい」と気軽に契約できたのも、データ通信のみのプランだけ「最低利用期間」がなかったからです。(通話ができるプランにはある)

もし普段からスマホで動画を観たり、高画質の動画をSNSにアップしたり、ゴチャゴチャっとした重いサイトを閲覧するんであればオススメはできません。

きっとストレスフルになっちゃいます。

閲覧するのが文章メインのブログや、比較的に軽いサイトなら大丈夫なんですけどね~。

どうしても高速通信が必要になれば「データチャージ」も使えますが……。

そうそう……言い忘れていましたが、データ無制限のプランでもデータチャージをすれば、その分だけ高速通信が可能になりますよ。

もちろん、それを常に要するくらいなら無制限を諦めて「高速通信のプラン」に切り替えるべきなんでしょうけど……。

ちなみにUQ mobileのプランには、「高速通信の3GB」と「500kbpsの無制限」の他にも「おしゃべりプラン」というのがあります。

その名の通り「通話かけ放題(一回5分のやつ)」が付いているプランで、それぞれ容量の違う3つのコースに分かれていますが……これはこれでお得です。

私は通話を求めていなかったんで選択肢に入っていませんでしたが、完全にauから乗り換えるならコッチを検討していましたよ。

機種の購入代金もサポートしてくれるんで、一から探している人にはオススメします。(※おしゃべりプラン以外での機種代サポートは無し)

しかも、こっちのプランなら節約モードでも「最大送受信300kbps」もあるという……普通にしていたらデータを消費しないレベルです。

……というわけで

総じてUQ mobileは

  1. データ無制限は500kbpsでも回線が安定している
  2. 高速通信でも「節約モード」でデータ容量の使用を抑えられる
  3. キャリアメールが使える

安いだけじゃなく“実用的な面”でオススメできる格安SIM会社でした。

今回は主に「データ無制限プランの通信速度」の話だったんで、その他のプラン・サービスについて気になることがあれば、ぜひ公式サイトでチェックしてくださいね。

公式サイトはこちらから→UQ mobile

最後に余談ですが……

「PCでデータ通信をするならWiMAXルーターにしないの?」なんて疑問があるかもしれません。

残念ながら……それだと期待するほど安くはないんですよ。

タブレットをやめるということは、現在使っているアプリなどを使うためにガラケーをスマホにしないといけません。

データ容量は一番少ないプランでいいとしても、先ほど話したように「ご一緒にポテトをいかがですか?」されている可能性があります。

更にスマホの機種代も上乗せされて、なんやかんやで月々5000円くらいに抑えたとしても、そこにルーターの料金がガッチャンコしますからね。

ルーターだって最初の1年くらいはキャンペーンで安くなっていても、その先は月々4~5000円くらいになっちゃいます。

私……たかだか1~2年で終わるキャンペーン価格とかアテにしないんで。

長い目で見たら、結局は安くも何ともないがな。

「禁煙したら年間で10万円節約できるよ」とか言って、本当に10万円貯金した人間なんかおるんか?(これは関係ない話)

結局、2年目から月々一万円弱を払うくらいなら、急いで変える必要もないやろうと判断したわけです。

もちろんWiMAXルーターの通信速度は次元が違いますけどね。

ジョン曰く
私にとって通信速度の速さはポテトだったようです。
だから「今は必要ない」と省いたら……ハッピーセットになりましたよ。
お後がよろしいようで。
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

たくさんの人に楽しんでもらえると嬉しいです。この話をシェアする方法は、下の8つから選んでいただけます。

フォローをすると更新情報を見逃しません

↓ブログランキング参加中↓
投票してもらったら順位が上がるパターンのやつです

※投票は上のボタンを押すだけ(登録などは不要です)