電話にまつわる雑学を3つだけ語る

たくさんの人に楽しんでもらえると嬉しいです。この話をシェアする方法は、下の8つから選んでいただけます。

ジョンです

世界で初めて電話で話したのは、発明者のグラハム・ベル。

ま、生みの親だから当たり前っちゃ当たり前なんですが、一体、何を話したんでしょうね。

気になるその内容は……「早く来てくれ、ワトソン君」

グラハム・ベルが実験中に希硫酸をこぼしてしまい、階下にいた助手を呼んだのが第一声とされています。

早速、役に立ったんですね。

世紀の大発明が、初っ端から「わりと実用的な使われ方」をしていたとは思いませんでした。

というわけで、電話にまつわる雑学から3つを紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

おいおい

電話口で「もしもし?」と聞くのは間違い。

これは「もしもし、カメよ カメさんよ」みたいな訊ねている言葉ではありません。

「知ってる~、『申す、申す』が訛った言葉なんでしょ?」

ん~惜しいけど、厳密に言えばそれも間違いです。

「もしもし」という言葉は、単に「申します、申します」を縮めただけの略語。

「これから言いますよ」といった意味で用いられていた『女性言葉』でした。

だから昔は、男性が「もしもし」なんて使っていたら「男のくせに」と笑われていたそうな。

じゃあ、男は何と言っていたのかというと……「おいおい」

……なんか偉そうな物言いですね。

日本で電話交換業務がはじまったのは、1890(明治23)年12月16日。

東京と横浜において、市内通話と両都市間の市外通話が開通しました。

念のため補足すると……

昔は電話をかける際に、まず「交換手」という人を呼び出して、話したい相手先を伝えて電話をつないでもらうというものでした。

スマホ世代だと想像できないかもしれませんが、ガチで物理的に電話線をつないでいたわけです。

当時の新聞記事によると、まず「おいおい」と言って交換手を呼び出し、相手が出ると「おいおい」と言葉をかけてから会話をしたとあります。

ちなみに「おいおい」の呼びかけに対しては、「はい、ようござんす」と答えるのが一般的だったんだとか。

それにしても「おいおい」なんて偉そうに言ったら、今の時代なら「なんじゃい!あほんだらぁ!!」と返ってきそうなもんですが(それはない)

なぜ、当時はそんな物言いだったんでしょうか?

実は、この頃に電話を使っていたのは……高官や金持ちといった「偉い人」だけだったんです。

なんせ今のようにインフラが整っているわけじゃないんで、家に電話をひくとなると、わざわざ大掛かりな工事をしなければいけません。

おかげで開業時の電話加入者数は、東京が155、横浜が42だけでした。

そうなってくると、いつ頃から「おいおい」が「もしもし」に変わったのかが気になるところですね。

これは一説によると、明治30年代じゃないかといわれています。

というのも、この頃に「男の交換手をやめさせる方法はないか」という投書が新聞に掲載されていたから。

開業当初は「男の交換手」もいたんですが、新聞社に投書が送られるくらい、とにかくぞんざいな対応で評判が悪いということで、後に全廃となりました。

それにより交換手は女性だけとなったんで、彼女たちがよく使う「もしもし」が一般にも広がったというわけです。

0からはじまる

普段かける電話番号は、市内以外の普通の電話も携帯電話も、すべて『0』から始まっています。

この『0』という数字は、一体どういう意味を持っているんでしょうか?

たとえば国際電話だと、国番号からなんで当然『0』からは始まりません。

国際電話の場合は、ITU(国際電気通信連合)の取り決めで各国番号が決められているんで、『0』のルールは日本国内で適用されているということになります。

日本の電話番号が『0』からはじまるのは、NTTがそれを定めたから。

そして、その理由は……市内通話かどうかを区別させるため。

実は『0』という数字は、「市内通話ではない」ということを機械に認識させるために設置した番号なんです。

どういうことかというと……

例えば「012―345-6789」という電話番号があったとして、もし『0』を付けないルールだったなら、当然、番号は「12-345-6789」

すると、この番号に電話をかけた場合、末尾の「789」をダイヤルする前に「12-3456」という市内局番につながっちゃいます。

だから「市内通話ではない」という違いを認識させる必要があるわけです。

ちなみに携帯の場合は、市内通話、市外通話というカテゴリーがなくなり、エリアという捉え方なんで『0』からはじまっています。

幻の112番

警察への急報は110番
火事の通報・救護の要請は119番

できれば利用することがない平穏な人生が望ましいんですが、いざというときのために覚えておくべき番号です。

なぜ3桁なのかというと「急を要するから」なわけですが、実は、その番号にも理由がありました。

ダイヤルするだけで直接相手の電話口につながる『自動交換』が始まったのは、1926(大正15)年のこと。

このとき、火事をいち早く通報する目的で「火事通報専用ダイヤル」が設けられます。

その専用番号が『112番』

……あれ?

112番?!

そう、当初は火事を見つけても119番ではなく112番だったんです。

昔の電話は『回転ダイヤル式』で、電話番号を送る機構に回転式円盤を用いていました。

まず数字が書かれた円盤の穴に指を入れ、指止めまで右回りに回す。

そして、指を離すと円盤が元の位置に戻っていき、このときに電話番号1桁分のパルス列がアナログ電話回線に送られます。

ま、簡単に言えば「円盤を回したときの長さ」を、それぞれの数字に割り振っているという感じですかね。

だから数の多い数字だと、それだけ行って戻っての時間が長くかかります。

そこで、一番短い時間でダイヤルできる『112番』が採用されたというわけです。

ところがギッチョンチョン

火事で気が動転してしまった通報者が、慌てるあまり間違って『113番』をダイヤルしてしまうケースが多発しちゃう始末。

これじゃあアカンということで、「11」の後の番号をダイヤルの最後の数の「9」に変え、1927(昭和2)年から火事通報の専用ダイヤルは『119番』となりました。

ちなみに、警察への通報ダイヤルが『110番』なのも同じ理由です。

今じゃあ、ほとんどが『プッシュ式』ですし、下手すりゃスマホだとワンアクションで繋がります。

だから、特に「110・119」という番号である理由はないんですが、「広く知られているし、べつに不都合も無いから」ということでそのまま採用されているんだとか。

ジョン曰く
電話が発明されるまで、人類は手紙を用いていました。
よくよく考えれば、最近の電話よりメール派というのは、わりと自然なことなのかもしれませんね。
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

たくさんの人に楽しんでもらえると嬉しいです。この話をシェアする方法は、下の8つから選んでいただけます。

フォローをすると更新情報を見逃しません

↓ブログランキング参加中↓
投票してもらったら順位が上がるパターンのやつです

※投票は上のボタンを押すだけ(登録などは不要です)