部屋の中にいるのに息が白くなりました

たくさんの人に楽しんでもらえると嬉しいです。この話をシェアする方法は、下の8つから選んでいただけます。

BGM始めました』(※要Flash player)

ジョンです

「今年の冬は暖冬です」なんて言われても、春ほど暖かいわけではありません。

たまにコートがいらない日があったとしても、夜は当然に寒いもんです。

「今年は暖冬だから」
「暖冬ですからね~」

そんなことばかり言っているから、今年は寒くないみたいな雰囲気が日本中にありました。

別に『地球』はそんなこと言っていませんからね。

それにもかかわらず「寒くない信仰」を唱え続けた結果どうなったか?

寒波がやって来たときに

「暖冬って言っていたじゃないかー!!」と、誰かが誰かに怒っています。

思い込みっていうのは怖いですね。

そんな暖冬だからではありませんが、私は『暖房』をつけていません。

もちろん防寒対策はしていますよ。

  • 窓にプチプチを貼る
  • カーペットをモコモコにする
  • 布団カバーをモコモコにする
  • 『着る毛布』を買う

これくらいなもんです。

ちなみに私の部屋は北西を向いているので日当たりも悪く、冬は極寒。

窓も大きいので、夜は外からの冷気がダイレクトに伝わってきます。

え?そんなに寒い部屋なのに、なぜ暖房を使わないのかって?

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

特に深い理由はない

あえて言うとすれば……冬と戦っている。

それだけです。

「知恵と根性だけで、どこまで冬に抗えるか?」

そんなアホなことを毎年しています。

もちろん、ピンチになればエアコンという最終兵器が出動しますよ。

ですが、どうやら今年も「私の勝ち」のようです。

どうやらアホは風邪をひかないみたいですね。

そのかわり……足が『しもやけ』になりました。

こんなことを真似する人もいないでしょうが、冬と戦うときは気を付けてくださいね。

数字を見ると怖いので、部屋に温度計は置いていません。

ですが、どれくらい寒くなっているのか気になるときもあります。

それは……吐く息が白くなったとき。

体内から吐き出される息、『呼気』には水蒸気が含まれています。

この水蒸気が気温の低い外気によって急激に冷されると、水分の一部が凝結して水になる。

これが吐く息が白く見える理由です。

この「凝結する温度」が分かれば、だいたいの気温も分かるかも……。

いや、残念ながら条件により変化するので、一概には言えませんね。

%e7%94%98%e9%85%92

それでも知りたい

ん~、やっぱり気になるので、条件を決めて『仮定』してみましょう。

人間の体温は36度前後なので、吐く息もだいたい同じくらいです。

とすれば、36度前後の水蒸気が凝結を起こす温度は……摂氏10度くらいといったところでしょうか?

どうやら、私の部屋は「10度くらい」まで室温が下がっているようです。

寒いですね~。

知らなくてよかったかもしれません。

ま、凝結には『湿度』も影響してくるので、この温度が絶対とは言い切れないんですけどね~。

空気が乾燥していると水蒸気はすぐに蒸発してしまうので、いくら気温が低くても凝結はしません。

逆に湿度が高いと、気温が低くなくても凝結していまいます。

例えば「湿度100%ならば、気温が17度でも息が白くなる」といった感じです。

雨の日なんかがそうですね。

私の部屋は、それほど湿度も高くないので……やっぱり室温が低そうです。

ジョン曰く
部屋では「指切りの手袋」をしています。
手首より先は無防備ですからね。
ちなみに外では手袋をしていません。
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

たくさんの人に楽しんでもらえると嬉しいです。この話をシェアする方法は、下の8つから選んでいただけます。

フォローをすると更新情報を見逃しません

↓ブログランキング参加中↓
投票してもらったら順位が上がるパターンのやつです

※投票は上のボタンを押すだけ(登録などは不要です)