お酒を飲まない少数派として生きている話

たくさんの人に楽しんでもらえると嬉しいです。この話をシェアする方法は、下の8つから選んでいただけます。

ジョンです

普段から『お酒』はほとんど飲みません。

飲めないのではなく、飲みたい気分ではないからです。

今よりも若い頃は、それなりに飲んでいたんですけどね……。

自宅に酒ビンを並べて、カウンターを用意して、「バーテンダー気取り」でカクテルを作っていたこともあります。

ウイスキーにハマったときは、家呑みなのに酒代が高くつきました……。

でも、次第に「飲みたい気分」になることが減っていったんです。

「飲み方」はわかっているので、酔っ払ったり、記憶を無くしたりといった失敗があったわけではありません。

「飽きた」というのもあります。

ただ……一番の理由は、お酒を飲んで「頭の回転」が鈍ってしまうのが嫌なんですよ。

酔っていなくても意識がハッキリしていても、頭が「考えること」を拒否しますから。

頭を使うことが面倒になるんですよね。

寝酒なら、そのまま寝てしまえば問題ありませんが、起きているならそういうわけにもいきません。

それが嫌なんで、お酒は飲まないようにしています。

私にとっては、「心地良い」よりも「頭がスッキリ」しているほうが良いんですよ。

ま、たま~に飲みたくもなるんですけどね。

昔のように、ハードボイルドよろしくウイスキーを口にしたいことも……。

でも……やっぱり私は飲みません。

絶対に合わせない

飲み会や食事会では、はじめから「飲まない」と言い切っています。

たとえ一人だけでも『ウーロン茶』を注文します。

周りの目は気にしません。

「飲まない人間が嫌なら誘わなくていい」というスタンスです。

昔は「飲みニケーション」なんて言葉が使われていましたね。

最近では聞かなくなりましたが、やはり「お酒を飲んだ仲」という絆みたいなものが、仕事や人間関係において影響になることもあります。

ですが私は、そんな『絆』とは無縁の生き方を選びます。

もしも「お酒が飲めない」とか「飲み会が苦手」という少数派なら覚えておいてください。

「とりあえず人数分のビール」という注文に『ウーロン茶』をぶっ込んで、場をシラケさせても堂々としている男がいることを。

私は、お酒に「酔うこと」は求めていません。

あくまで『嗜好品』として嗜む(たしなむ)程度で十分です。

世の中には、酔って楽しくなることを目的にお酒を飲む人がたくさんいますが、べつに「酔うため」に飲んだら悪いとは言いませんよ。

ただ「酔わないとおかしい」と思うのか、飲んでいない人を見つけては、決まって同じことを言いますよね?

「全然、飲んでないやん」って

やかましわ。

%e7%94%98%e9%85%92

VSマジョリティー

世の中にはアルコールが苦手な人もいますし、お酒が飲めないのに付き合いで飲んでいる人もいます。

もしかしたら、声をかけた人は気遣ってくれているのかもしれません。

それでも「おかわりが欲しいか?」を聞くんじゃなくて、「飲んでいない」と言ってしまうのは、ちょっと違うと思いますよ。

まるで、飲んでいないことが「楽しんでいない」かのようです。

私は仲間内では少しだけ飲みますが、みんな理解してくれているので、そんなことを言われたことがありません。

そもそも私は、お酒が無くてもテンションを上げられる男ですから。

どういった『目的』でお酒を飲むかは個人の自由です。

だから、お酒を飲むことが悪いとは思いませんし、酔うために飲む人を否定もしません。

ただ、「お酒を飲む側が正しい」という「多数の正義」が顔を出したら、せっかくの美味しいお酒もマズくなりますよね。

ジョン曰く
お酒を飲むから本音で語れるとか言いますが、自分の気持ちなんて、お酒の力を借りなくても出せますよ。

たくさんの人に楽しんでもらえると嬉しいです。この話をシェアする方法は、下の8つから選んでいただけます。

フォローをすると更新情報を見逃しません

↓ブログランキング参加中↓
投票してもらったら順位が上がるパターンのやつです

※投票は上のボタンを押すだけ(登録などは不要です)